プラダ長財布新作包郵価格_グッチ財布キャンバス プラダ長財布新作品質はどうですか|xx } {よ 苏州工具柜


2015-02-06 00:54    プラダ長財布新作
「不思議なのは、島田が自殺したいまも、ノートがどこにあるのかわからないことなんです。島田が死んだことがわかれば、和子からノートを預ってる人が、それを返してくるなり、マスコミに渡すなりするんじゃないか、とわたしは期待してたんですけどねえ」 「島田さんが亡くなってから、今日で六日目になりますね」 「そうなんです。ノートを預ってる人が、どういうつもりで沈黙してるのか、わたくしにはわかりません。ノートが返されてきたら、わたくしはそれをマスコミに公表しようと思ってるんです。そうすれば、告発をした和子の霊も、会社の不正のために苦しみつづけた島田の霊も浮かばれるんじゃないかって思ってるんですけどねえ。島田が死んだいまは、城島建設に気兼《きが》ねすることなんか、なにひとつないんですから」 「それはいいお考えだ。ノートが戻ってくればいいですね」 「わたくしは、じつは、長峰さんを疑ってたんですよ。ですから、さっきお見えになったとき、まっ先に長峰さんがノートを返しに来てくださったんだと思ったんです」 「疑われても当然ですね。和子さんとぼくとの関係から考えれば。でも、ノートを預ってるのはぼくじゃないんです」 「誰に預けたか、和子は長峰さんにも打明けてはいなかったんですね?」 「ぼくは彼女がノートを誰かに預けたということも知らなかったんです。ですから和子さんが殺されたことを知って、ノートを奪いにやってきた奴が彼女を殺したんだ、と思ってしまったんです」 「そうですか。そうですよね。長峰さんがノートを預っておいでなら、和子の気持を汲《く》んで、島田の死後にでもマスコミに公表なさるはずですものね」 「たぶん、そうしてたでしょうね、ぼくがノートを預ってたら」 「島田も、自分が死ねば、誰かがノートを公表して、城島建設の不正をあばいてくれるかもしれない、と考えていたのかもしれない、とわたくしは思ったりするんです」 「そういうようすが見えたんですか? 島田さんに」 「そういうわけじゃありませんけど、そうとでも考えなければ、島田があまりにも哀れですもの。会社から帰ってきて、自分の家のドアがすぐそこなのに、子供たちの顔も見ないで踊り場から飛び降りちゃったんですから」  そう言って、広子ははじめて涙をこぼした。長峰はただ頷《うなず》くしかなかった。   3 〔七月十三日 金曜〕  午後十一時になろうとしていた。