收藏

2015冬新作 プラダ スーパーコピー二つ折り財布 テスートナイロン レディス セール 1M0522編集

「この家は、鶴の家だ。きっと栄えるよ」  村の人々は、口々に言いました。春子は、うなずきながら、お皿の中の鶴には、やっぱり、ひとつひとつ命があったのだと思いました。そして、お父さんやお母さんや、先祖の人たちみんなが、私の結婚を祝福してくれたのだと思いました。  春子は、あのとき台所に散らばった、青い、せともののかけらを、今もだいじにしまっています。そのかけらを、つなぎあわせると、一枚の青いお皿のかたちになります。模様のまったくない、空の色のお皿に。 [#改ページ]   野ばらの帽子  こんなはがきを片手に、ぼくは、中原さんの山荘をさがしていました。  バスをおりても、むかえの人は、誰もいず、結局、その「簡単な地図」をたよりに、たずねて行くよりほかなかったのです。ところが、その地図は、あきれるほど不正確でした。バス停から、目と鼻の先の、モミの木までの距離が、まるで列車のひと駅分もあるのでしたし、そこから、はるかむこうの曲がり角までが、ほんの二、三分みたいに書いてあるのです。こんなふうでは、どれほど歩いたら山荘につくのか、見当もつきません。このはがきを書いた人は、いったいどういう感覚なんだろうと、ぼくは、さっきから、はらをたてていました。  その山荘には、これからひと夏、ぼくが勉強を教えるはずの中原雪子さんという少女と、そのお母さんが住んでいるのです。  山の別荘へ、住みこみの家庭教師——この仕事を、紹介されたとき、ぼくは、|有頂天《うちようてん》になりました。これは、すてきだぞと思いました。教える子どもは、中学生ですから、大して苦労はありません。そのうえ、三食つきで、かなりいいてあて[#「てあて」に傍点]をくれるというのです。ぼくは、読みたい本を、どっさりリュックに入れ、スケッチブックや、ギターまで持ちました。遊びに行くんじゃないぞと、自分に何度も言いきかせながら、それでも、口笛は、止まりませんでした。ああ、山へ行くのは、何年ぶりでしょうか。  けれど、バスが、山の停留所に、ぼくひとりを下ろして走りさったとき、そして、そこに、人っ子ひとりいないのを知ったとき、ぼくは、へんに心ぼそくなりました。  時間は、午後の三時。風がざわざわと木の葉をゆすって、ま昼の山は、うそのように静かでした。
表示ラベル: