買ってボッテガ財布スーパーコピーの最高のウェブサイトを推薦,ヴィトンのコピー,ボッテガ財布スーパーコピー規格品のコーナー ボッテガ財布スーパーコピーいいか


2015-02-19 11:55    ボッテガ財布スーパーコピー
 島田はそう言ったあと、 「それよりねえ、きみ。鶴田課長と一緒に死んだ秘書がいたね。あの女、何と言ったっけ」 「船越加寿美のことでしょうか?」 「ああ、そうそう。あの美人秘書のことさ。ぼくはずっと前から気になっていたんだがね。会合などで鷲尾社長が同伴してくるたび、その顔を見て、はて誰かに似ているなあ、誰だったっけ、と思って、気になっていたんだ」 「誰かに……といいますと?」 「うん。あとになって思いだしたんだが、昔、ぼくの姉さんの友達でミス千葉となった女性がいてね。その人はのちにある建設会社の青年社長と結婚したんだが、その会社は船橋に本社があって、今の大鵬建設の下請けの建設会社だったんだ。ところがある年、現場で事故を起こして補償問題などをめぐって、資金繰りがわるくなり、倒産して夫婦とも夜逃げ同然の末、服毒心中さ。美人|薄命《はくめい》とはいうが、何とも哀れな女性だったがね……。船越加寿美という秘書が、どうもそのミス千葉の若い頃にそっくりだったので、ぼくはかねがね、不思議なこともあるものだと思ってたんだ。だってねえ、そうだろ。下請けいじめで有名な大鵬建設の社長が、むかし、いじめていた子会社の社長夫人とそっくりの女をのちに、秘書としてつれて歩いている……ぼくの眼には何だか、幽霊をつれて歩いているように思えてね。そのうち、あの船越加寿美という秘書に、母親の名前を聞こうと思ってたんだが、それも果たさないうちに、あんなことになっちまって……」  美人薄命は、あの秘書の場合にも言えるかもしれないな、と島田はブランデーを飲みながら、しんみりとした口調で言った。  谷津はしかしその時、あまり島田の声を聞いてはいなかった。  船越加寿美という強烈な個性の持主だった一人の女の思いがけない内面と、生いたちと過去の悲愁を、思いがけないところで耳にした、ということでいささか、衝撃を受けていたのである。  加寿美が、島田社長のいうミス千葉の娘だったのではないか、という観測は、案外、正しかったのではないか。そしてもしかしたら、これは事件を根底から考え直す新しい視野になるかもしれないぞ、と思った。  もっとも、それは船越加寿美が、今、島田が説明したような薄幸のミス千葉の娘だったら、としてのことだが。 (これは一度、確かめておいてみる必要があるな)  谷津はそれを肚《はら》の中にしまいこんで、わざと明るい声で、 「やあ、社長。お忙しいところ、色々お話いただいて、ありがとうございました」  毎週月曜日の経済インタビューは、三田村建設の社長に限り、いつのまにか事件インタビューになっていたようである。  ——谷津が立ちあがったのは、午後二時であった。