コーチ長財布新作のブランドの割引の旗艦店_gucci長財布メンズアウトレット_コーチ長財布新作生産メーカー,「通販」


2015-02-19 12:00    コーチ長財布新作
「——父上は、お休みなんですか?」  訊ねたケアルに、家令はその場を動かず首をふった。 「ご領主さまは……怪我をなされて、現在手当て中です」 「怪我だって? ひどいのかっ?」  驚いたケアルは、家令に駆け寄り、訊ねる。 「重傷であると……。医師は、今夜から明朝にかけてが峠だと言っています」 「なんだって……?」  呆然と目をみひらいて、中年の家令の顔を見つめた。 「いったい、どんな怪我を?」 「——刃物の傷です」  ここに、と家令は自分の脇腹に手を当ててみせた。 「ナイフが……。出血量も多くて——」 「なぜ、そんな……?」  わかりません、と家令は首をふる。 「父上は、どちらに? お会いできるんですか?」 「どうぞ、こちらへ」  促されて執務室を出たケアルは、廊下に点々と血のあとがあることに気づいた。あとをたどって振り返れば、執務室の書きもの机のところから続いている。室内には赤い絨毯が敷き詰められていて、これまで気づかなかったのだ。  ぞっと背筋に寒気がはしった。全身が鳥肌立つ。